c0131875_74947.jpg

# by funazusigokko | 2008-01-21 07:49 | | Trackback | Comments(0)

光る草

c0131875_2223555.jpg

# by funazusigokko | 2008-01-19 22:27 | 田園風景 | Trackback | Comments(0)

三叉路

c0131875_051228.jpg

# by funazusigokko | 2008-01-18 00:05 | | Trackback | Comments(2)

石垣

c0131875_4243787.jpg


小さめな石を積み上げているのが気になって
小さな石の石垣は堅牢という意味ではどうなのだろう
棚田などではよく見られるから意外と丈夫なのだろうか
大事な神社の建物だし
きれいに積まれているから熟練した手の仕事
繊細な印象を受けるけど
# by funazusigokko | 2008-01-16 04:46 | 神社仏閣 | Trackback | Comments(2)

アパート

c0131875_23461413.jpg

# by funazusigokko | 2008-01-14 23:47 | 街角 | Trackback | Comments(0)

竹筒

c0131875_21185660.jpg


花筒として使われていたものだろうか
青竹の新しいものと取り替えたのだろう
# by funazusigokko | 2008-01-13 21:21 | 廃景 | Trackback | Comments(0)

山肌

c0131875_23561390.jpg


落葉樹林は春は柔らかな新緑
秋は鮮やかな黄葉を見せてくれる
冬枯れも独特の雰囲気があって
芽吹きが始まると山全体が銀色に霞む
# by funazusigokko | 2008-01-13 00:01 | 里の風景 | Trackback | Comments(0)

c0131875_2172065.jpg


正月明けの冷え込んだ日
せっかくスタッドレスはいたからといそいそと湖北在原の里へ
生活道路は行政によって除雪されていて
在原までは役に立たずとまでは言えないけれど
そこから先の峠は除雪してないけれど勇気はなくて
# by funazusigokko | 2008-01-11 21:15 | 里の風景 | Trackback | Comments(2)

c0131875_331423.jpg


冬の雨
芯から冷えるという表現がぴったりな日
グループの若い人ががたがた震えていた
こんな日はパッチをはいてこないと
僕はパッチははきません!
ああ、私はいつからためらいもなくもこもこと厚着が出来るようになったのか
# by funazusigokko | 2008-01-10 03:16 | 神社仏閣 | Trackback | Comments(2)

路地

c0131875_2338478.jpg


年賀状
この正月はいつも元旦に届くはずの賀状が20枚ほど来なかった
暮れに気分的に怪しいことになっていたグループからのが1枚もなくて
ああ、これはもう絶交なんだと
3が日、ちょっとくさっていた
しかし30年来毎年必ずくれていた人からのも来ていない
ひょっとして間違って配達されたのかなと
一人二人にあのう年賀状くれた?と電話したら
二人ともごめん、昨日出したばっかりやわ
少し様子を見ることにしたら5日、6日に気になっていた全員から届いた
しかし几帳面な人で25日過ぎてから出すなんてことは考えられない人のが
6日に届いた
間違ってよそに届いていたのが正月は里に帰って留守のおうちだったりして
帰ってきてから気がついてうちのポストに入れてくれたのかもしれない
友達のところは元旦に1枚も届かなくてそんなことはありえないから
郵便局に文句を言ったと言っていたが
郵便局も民営になって緊張感がなくなってるのかな
# by funazusigokko | 2008-01-07 23:38 | | Trackback | Comments(0)